黒木華の頭抜けた演技力はこうして生まれた

突然あらわれてほとんど名人

当初は舞台一本でいきたかったが、事務所の勧めで映像作品への出演も増えていった。

「映画は、自分が出るものというよりは見るものという意識が大きくて……。どういうふうに撮られればいいのか、今でもよくわからない。映像のお仕事は今でも難しいです」

お芝居だと素直に感情表現ができる

黒木 華(くろき はる)/1990年3月14日大阪府生まれ。高校時代から演劇部に所属。大学在学中の10年、NODA・MAPの公演「ザ・キャラクター」にアンサンブルとして出演。同年の番外公演「表に出ろいっ!」ではダブルキャストのひとりとしてヒロイン役を務めた。13年には「シャニダールの花」(監督:石井岳龍)、「舟を編む」(石井裕也)などの映画に出演し、国内の多くの映画賞で新人賞を受賞。その後も「小さいおうち」(山田洋次)、「幕が上がる」(本広克行)、「ソロモンの偽証」(成島出)など話題作に出演。15年12月公開の「母と暮せば」(山田洋次)では二宮和也の婚約者役で吉永小百合と共演を果たし、来年公開の岩井俊二監督作では主演を務める。主なドラマ出演作は連続テレビ小説「純と愛」「花子とアン」(NHK)、「リーガルハイ」(フジ)、「天皇の料理番」(TBS)など。来年度の大河ドラマ「真田丸」(NHK)では主演・堺雅人の初恋の人を演じる

自己表現が苦手なので、逆にお芝居だと素直に感情表現ができる、という。とはいえ役に入り込むタイプでもなく、つねに、冷静に演じる自分を見ている自分がいるそうだ。

「だから、いつか出演作を見て“ああ、見たことのない自分が引き出された!”という体験をしてみたいです」

昔から読書好きの映画好き。テレビよりラジオ派で、FM802を愛聴していたそう。

「今でもオフの時間は、本を読んでいるか映画を見ているか舞台を見ているか。全然変わっていないですね(笑)」

太宰治のような「昔の人の書く文章がとても美しくて好き」という彼女。来年1月に世田谷パブリックシアターで上演される「書く女」では、樋口一葉役で主演を務める。

「座長だと意識してしまうと大変なことになりそうなので(笑)、肩肘をはらずに共演者の皆さんに助けてもらいながらやりたいですね。とはいえ、一応はしっかり皆さんに乗ってもらえる、せめて床に穴が開かないくらいの舟でいなくてはと思っています」

難しいことも楽しいと思ってやろうというのが自分の中での決めごとなので、と涼やかに笑う。自信満々というのとは違うが、なぜか「この人は大丈夫」と感じられるから不思議だ。物腰の柔らかさとは裏腹に、肝がしっかり据わっている。黒木華という女優の大きな魅力はそこにあるのかもしれない。

(取材・文/岩根彰子 写真/山﨑祥和)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。