トッポギ、鯛焼きなど…韓国で庶民の「おやつ」が今や健康食に変身

 

 

道端でつい買い食いしてしまうおやつ。そんなお菓子が、ブランド品となり、外食産業の一つとして成長しようとしている。トッポギなどは国民的おやつと見なされながらも、大したことのない食品とされていた。だが、今は違う。

1月28日夕刻。ソウル・華陽里に位置するトッポギのフランチャイズチェーン「クッテトッポギ」建大店。トッポギと天ぷらを販売する外食店だが、1980年代当時の学生街のような雰囲気に包まれている。30席ほどの店内はお客でいっぱい。あちこちで注文するお客の手招きに、店員たちは走り回っている。小腹がすくたびに立ち寄るという学生のキム・ヨンシンさん(23)は「味はもちろん、清潔だし、価格も安い。負担なく楽しめる」と言う。

2月2日。ソウル・明洞に位置するクルミ菓子専門店「ココホド」。平日午後の早い時間でも、お店は混雑している。路上で売っている店とは違い、洗練された売り場が目を引く。店内では香ばしいクルミ菓子のにおいが味覚を刺激する。キム・ミヨンさん(32)は、「クルミの味がよく、いつも来て食べている」と話す。

不衛生、賞味期限切れ…マイナスイメージを払拭

このように、立ち食いしてしまうお菓子・おやつが変貌を遂げている。不健康な食品とされてきたが、現在では健康食に変わった。その代表格がトッポギだ。現在、1兆ウォン(約700億円)規模のトッポギ市場は、2013年には2兆ウォンに迫る勢いだという。韓国コメ加工食品協会によれば、08年に1000カ所前後だったトッポギフランチャイズ加盟店は、11年6月には2067カ所にまで増加している。

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。