女の出世を阻むのは、女の「隣の芝思考」だ

どんな道を選んでも、デメリットにぶつかる

いずれにしても、自分の選んだ選択肢に自信が持てず、お互いに足を引っ張る現象が、女性たちの間には確かに存在しているのです。しかしながら、どんな仕事につくか、結婚するかしないか、さらには子どもを持つかどうか、より自由に選択可能になった現代だからこそ「自分が選んだ選択が、本当に自分が望んでいることなのか?」ということを常に自問自答していく必要があると感じます。

どの道を選んでも、メリット、デメリットは必ず存在します。人のメリットと、自分のデメリットを比較するのはやめましょう。

まずは確固たる「自己肯定」から

自分が選んだ選択を信じて、そこで有意義に生きることに集中してみることが求められる時代に、私たちはきています。自分が納得する選択肢を選ぶためには、自分の価値観をはっきりとさせることがポイントです。「みんながそうするから」「楽そうだからなんとなく」ではなく、自分が本当はどうしたいのかという思いを大切にしてみることが必要です。

結婚や仕事などの重大なことでなくても、普段の生活の些細なことでもよいのです。「なんとなく」「流行っているから」「身近な人に言われたから」と物事を決めてしまう傾向のある方は、自分自身はどうしたいのかを、少し立ち止まって考える習慣をつけてみましょう。

自分の価値観で物事を決めることができれば、その選択に自信を持ち、自己肯定感が生まれてきます。自己肯定ができれば、自ずと他人の生き方も肯定できるようになってくるものです。そして、お互いを認め合える働く環境が整えば、自然と女性の活躍の場も広がっていくことでしょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。