世界のコーヒー会社が、中国で熾烈な豆争奪戦


大量収穫による値下がりを懸念

一方、さまざまな課題にも直面している。

世界のコーヒー生産量は年700万トンで、うち55%は南米で生産され、17%はアジア、11%はアフリカで産出されている。中でも、ブラジル一国の生産状況に、ほかの国も影響を受けるという。

ここ1、2年、コーヒー価格は暴騰しており、この高値が今後10年間は続くといわれている。そのため、世界のコーヒーメーカーは新たなコーヒー産地の開拓に必死になっているという。実際、今回の取材でわかったことは、雲南のコーヒー豆の最大のバイヤーは、スターバックスとネスカフェ、マックスウェルだ。

「苗を植えて3年後には結実し、5年目から7年目には、大量に収穫できる時期を迎える」と雲南省の地元政府関係者は話す。しかし、「豊作になれば、コーヒー豆の値が下がり、地元農家はかえって貧しくなる。何とかそれを避けたい」とその関係者は懸念する。プーアル茶のリスク分散で始めたコーヒー生産だが、悩みの種は尽きない。

(『中国経済周刊』12月19日号/孫 氷記者(北京で報道) =週刊東洋経済2012年2月25日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。