世界のコーヒー会社が、中国で熾烈な豆争奪戦

あなたがオフィスや家庭、外出先で飲むコーヒーは、ひょっとしたら中国・雲南省産のコーヒー豆から作ったものかもしれない。すでに雲南はアジアで最も大きく、最も高品質な小粒種コーヒー産地となっている。その中でも最大の生産地が、世界的にお茶の産地で有名なプーアル市だ。

昨年11月12日、この地に飛んできたのはスターバックス社のハワード・シュルツCEO。同社は雲南省農業科学院、プーアル市政府との間で、コーヒー産業の発展を推進する協力覚書に調印した。雲南に原料供給基地を設立するというのが趣旨。そのときは珍しく、シュルツ氏自らがビジネス計画を披露した。これは雲南を戦略的に重視している何よりの証拠だろう。

だが、その9日後にはコーヒー企業の巨人、ネスレ社もプーアル市政府と協力覚書に調印した。双方は雲南でコーヒー生産に必要な人材を育成し、技術開発をしてブランドを打ち立てるなど、多方面で協力することを約束した。実は、このネスレこそ雲南をコーヒー産地としたパイオニアといえる。

「一昨年、弊社がプーアル市で調達したコーヒーは8000トン程度だが、今後数年で倍増するだろう」

ネスレ(中国)有限公司・グレートチャイナCEOのローランド・デコルベット氏は、『中国経済周刊』の記者にそう語った。

ネスレ社は、1988年に雲南省でコーヒーの実験栽培に入り、その後すぐに雲南でのコーヒー作りを正式に決定した。この20年で同社は5000万元を投資し、5100人以上の研修生を受け入れた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。