山縣有朋の挫折-誰がための地方自治改革- 松元崇著 ~本来の地方自治をむしろ破壊した現行制度

山縣有朋の挫折-誰がための地方自治改革- 松元崇著 ~本来の地方自治をむしろ破壊した現行制度

評者 原田 泰 大和総研顧問・東京財団上席研究員

東日本大震災の被災地での人々の穏やかさが世界中から賞賛されたが、本書は、その背景に、江戸時代、あるいはそれ以前から続く日本のコミュニティがあったと指摘する。そのようなコミュニティを土台にしているのが、日本の地方自治制度であるという。

そもそも江戸幕府は、反乱を起こす可能性のある大名の統制には熱心だったが、それぞれの行政には関心がなかった。地域にはコミュニティがあり、その自治に任せていたのである。自治はうまくいっており、だからこそ、大震災の後にも秩序が保たれ、人々が助け合っていたのだろう。

明治になっても、その基本は変わらなかった。しかし、近代国家となり、軍備増強と議会創設を目的として、これまでとは異なる要請が生まれてくる。一つは、軍備増強のために地方から税を吸い上げる必要が生まれたこと、もう一つは、立憲政治のために地方自治が重要とされたことである。

山縣有朋は、早期の議会開設に反対であったが、同時にその必要も認めていた。山縣は、地方議会は、住民の身近な問題を議論することから、地方名望家が政治に慣れ、やがて国政に進出することによって、安定した議会政治をもたらすことになると考えていた。そこで地方レベルから議会を開設し、やがて全国レベルの議会を開設することとしていた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。