さらばスマホのヨコ持ち!動画もタテになる

新しい動画視聴スタイルが登場した

現在、有利なのは「Periscope」。Twitterの後ろ盾を生かし、リードを拡大しているのだ。「今選ぶなら絶対に『Periscope』だ」。「Periscope」のローンチ直後、オンラインメディア「The Verge」のソーシャルマーケティング部長、サム・シェファー氏は語る。

「『Periscope』と『Meerkat』はどちらもライブ配信を行うアプリだ。配信後24時間以内なら繰り返し視聴可能な『Periscope』に対して、『Meerkat』はライブ配信しかできない。『Periscope』はTwitterとの連携がスムーズで、コンテンツ制作者、キュレーター、消費者をよくまとめあげている」

いまや「Meerkat」を引き離しつつある「Periscope」だが、8月13日の発表では、アカウント数が1000万を突破し、8月第2週だけで動画視聴時間は「40年」に達した。「Periscope」は、DAU(デイリーアクティブユーザー)よりも動画視聴時間が重要な指標だと主張している。

ついに、あのYouTubeも「タテ型動画」に対応

3つのアプリが推し進めるタテ型の流れは、ヨコ型を頑なに守ってきた動画共有サイト「YouTube」にも及ぶ。「YouTube」はこの7月、Android、iOS両方のアプリの「タテ型動画」対応を発表した。それまでは、タテ型のYouTube動画をスマートフォンで再生すると、両脇に黒い空間ができて見づらい状態だったのだ。その一方、日本でも元「LINE」の代表取締役・森川亮氏が、2015年4月より「タテ型動画」のファッションマガジン「C CHANNEL」を立ち上げた。

実際問題、「Snapchat」「Periscope」「Meerkat」のコンテンツが、あらゆる世代に広く受け入れられるには、さまざまな課題があるだろう。人々の限られたスキマ時間を埋めるには、これらのアプリは少々「ライブ感」が強すぎる。しかし、動画のフォーマットについては、その限りではない。アメリカの若者の支持を受けて、新しく市民権を得た「タテ型動画」の勢いは、これから世界に飛び火するはずだ。

(文:吉田拓史)

DIGIDAY[日本版]の関連記事
ネコより「食」が人気? 月に20億回も再生される「BuzzFeed」動画の大きな変化
強まるYouTubeの「スポンサー動画」締め付け。その真意とは?
Google、検索結果に「動画広告」を実装予定か? 情報筋が明かす

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。