アマゾン、50ドルの激安タブレットを計画

年末商戦に合わせ価格水準を従来の半額に

 9月7日、米オンライン小売り大手アマゾン・ドット・コムは、年末商戦期に合わせて50ドルのタブレット端末を発売する計画。昨年8月撮影(2015年 ロイター/Rick Wilking)

[7日 ロイター] - 米オンライン小売り大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は、年末商戦期に合わせて50ドルのタブレット端末を発売する計画。ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙が関係筋の話として報じた。

6インチ画面を搭載する同端末は、99ドルからとなっているアマゾンのタブレット「ファイア」の価格を大幅に下回る。

アマゾンからのコメントは現時点で得られていない。

WSJによると、8インチ型と10インチ型タブレットの発売も計画されている。

「ファイア」タブレットはスクリーンセーバーとして広告を表示させているが、新たに発売が計画される6インチ型タブレットの価格に広告が含まれているかは明らかでないという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。