アマゾン、50ドルの激安タブレットを計画

年末商戦に合わせ価格水準を従来の半額に

 9月7日、米オンライン小売り大手アマゾン・ドット・コムは、年末商戦期に合わせて50ドルのタブレット端末を発売する計画。昨年8月撮影(2015年 ロイター/Rick Wilking)

[7日 ロイター] - 米オンライン小売り大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は、年末商戦期に合わせて50ドルのタブレット端末を発売する計画。ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙が関係筋の話として報じた。

6インチ画面を搭載する同端末は、99ドルからとなっているアマゾンのタブレット「ファイア」の価格を大幅に下回る。

アマゾンからのコメントは現時点で得られていない。

WSJによると、8インチ型と10インチ型タブレットの発売も計画されている。

「ファイア」タブレットはスクリーンセーバーとして広告を表示させているが、新たに発売が計画される6インチ型タブレットの価格に広告が含まれているかは明らかでないという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。