アマゾン、50ドルの激安タブレットを計画

年末商戦に合わせ価格水準を従来の半額に

 9月7日、米オンライン小売り大手アマゾン・ドット・コムは、年末商戦期に合わせて50ドルのタブレット端末を発売する計画。昨年8月撮影(2015年 ロイター/Rick Wilking)

[7日 ロイター] - 米オンライン小売り大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は、年末商戦期に合わせて50ドルのタブレット端末を発売する計画。ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙が関係筋の話として報じた。

6インチ画面を搭載する同端末は、99ドルからとなっているアマゾンのタブレット「ファイア」の価格を大幅に下回る。

アマゾンからのコメントは現時点で得られていない。

WSJによると、8インチ型と10インチ型タブレットの発売も計画されている。

「ファイア」タブレットはスクリーンセーバーとして広告を表示させているが、新たに発売が計画される6インチ型タブレットの価格に広告が含まれているかは明らかでないという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT