アマゾン、50ドルの激安タブレットを計画

年末商戦に合わせ価格水準を従来の半額に

 9月7日、米オンライン小売り大手アマゾン・ドット・コムは、年末商戦期に合わせて50ドルのタブレット端末を発売する計画。昨年8月撮影(2015年 ロイター/Rick Wilking)

[7日 ロイター] - 米オンライン小売り大手アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は、年末商戦期に合わせて50ドルのタブレット端末を発売する計画。ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙が関係筋の話として報じた。

6インチ画面を搭載する同端末は、99ドルからとなっているアマゾンのタブレット「ファイア」の価格を大幅に下回る。

アマゾンからのコメントは現時点で得られていない。

WSJによると、8インチ型と10インチ型タブレットの発売も計画されている。

「ファイア」タブレットはスクリーンセーバーとして広告を表示させているが、新たに発売が計画される6インチ型タブレットの価格に広告が含まれているかは明らかでないという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。