村田製作所・就活学生に贈るキラリと光るBtoB企業--セラミックコンデンサー世界首位 多様な人材が必要とされる職場

村田製作所・就活学生に贈るキラリと光るBtoB企業--セラミックコンデンサー世界首位 多様な人材が必要とされる職場

活況を呈す、スマートフォン市場。電子部品メーカー大手、村田製作所は、その陰の主役である。

アップルの「アイフォーン4S」には、蓄電部品「積層セラミックコンデンサー」をはじめ、村田製の部品が多数採用されている。電子機器の最先端であるスマホ向けで、圧倒的な存在感を発揮している。

村田の創業は1944年。創業者の村田昭が、京都市中京区の工場でセラミックコンデンサーを開発・量産し始めたのが始まりだ。その後、福井、小松(石川)、富山、出雲(島根)、金沢と重要な生産拠点を次々と設立。高性能品を中心に、現在も国内生産が8割を占める。ここ最近は中国・無錫の工場で増産投資をするなど、需要の急拡大するアジアでの生産拡充にも積極的だ。

最主力であるセラミックコンデンサーのシェアは世界首位(約35%)。その他、EMI除去フィルタ(ノイズ対策部品)で35%、セラミックフィルタ(圧電体)で40%など、多くの部品で高シェアを誇る。

村田は、「材料」「プロセス加工」「設計」のすべての段階を、自社技術で担っている。

そこで、村田が求める人材は多様だ。商品開発などに携わる化学系はもちろん、生産技術で力を発揮する機械系など、すべての理系学生に活躍の場がある。事業計画や資材購買など、事務系としてサポートする文系学生ももちろん必要だ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。