パソコン出荷見通しは8.7%減に下方修正

大量の在庫やドル高が逆風に

 8月26日、調査会社IDCは2015年のPC出荷台数見通しを下方修正した。写真はバンコクのネットカフェで2010年9月撮影(2015年 ロイター/Sukree Sukplang)

[26日 ロイター] - 調査会社IDCは、2015年のパソコン(PC)出荷台数見通しを従来の6.2%減から8.7%減に下方修正した。大量のノートブックPC在庫やドル高の影響で、落ち込みがより激しくなるとしている。

PC出荷は2017年に再びプラスに転じる見通しだが、一般消費者向けは2019年末まで減少が続くとしている。

2016年は経済問題や米マイクロソフト<MSFT.O>の新しい基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」の無料アップグレード、新商品の減少などが足かせになる見込み。

IDCは2019年のPC出荷台数を2億8210万台と、2015年の2億8160万台から小幅に増加すると予想している。小型ノートパッドなど、ポータブルPCが出荷台数を押し上げる見込みで、デスクトップは減少が続くとしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。