パソコン出荷見通しは8.7%減に下方修正

大量の在庫やドル高が逆風に

 8月26日、調査会社IDCは2015年のPC出荷台数見通しを下方修正した。写真はバンコクのネットカフェで2010年9月撮影(2015年 ロイター/Sukree Sukplang)

[26日 ロイター] - 調査会社IDCは、2015年のパソコン(PC)出荷台数見通しを従来の6.2%減から8.7%減に下方修正した。大量のノートブックPC在庫やドル高の影響で、落ち込みがより激しくなるとしている。

PC出荷は2017年に再びプラスに転じる見通しだが、一般消費者向けは2019年末まで減少が続くとしている。

2016年は経済問題や米マイクロソフト<MSFT.O>の新しい基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」の無料アップグレード、新商品の減少などが足かせになる見込み。

IDCは2019年のPC出荷台数を2億8210万台と、2015年の2億8160万台から小幅に増加すると予想している。小型ノートパッドなど、ポータブルPCが出荷台数を押し上げる見込みで、デスクトップは減少が続くとしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT