苦境・ソニーが懸けるクラウド戦略の成算

苦境・ソニーが懸けるクラウド戦略の成算

「4スクリーン戦略を推し進める」

11月初旬、2012年3月期の業績見通しを下方修正し、4期連続の最終赤字に沈む見通しを明らかにしたソニー。業績低迷の出口が見えない中、平井一夫副社長は中間決算説明会の席上、この言葉を繰り返した。

「4スクリーン」とは、スマートフォン、タブレット、パソコン、テレビの四つの端末を指す。ソニーは音楽や映像をインターネット上に保管し、どの端末でも簡単にアクセスして楽しめるクラウドサービスの開発を2年前から進めてきた。

10月末に発表した欧州企業と折半出資の携帯電話メーカー、ソニー・エリクソンの完全子会社化もその一環だ。ハワード・ストリンガー会長兼CEOは「4スクリーン戦略の体制が整った」と胸を張る。

社内で盛んに飛び交う フレーズ「統合UX」

韓国サムスン電子など海外勢の台頭や円高の影響などで、競争力を失いつつある日本の電機メーカー。ただソニーは他社と違って、テレビやゲーム機といったハードの製造・販売だけでなく、音楽のソニー・ミュージックや映画のソニー・ピクチャーズといったソフト会社を抱える。

その強みを生かそうというのが、4スクリーン戦略だ。ストリンガー会長はかねてから「ソフトがなければ、ハードはただの箱」と言ってはばからない。すべての端末をネットワークでつないで、ソフトの配信などのサービスを提供。ハードとソフトの両輪で利益を稼ぐつもりだ。これはアップルが確立した「アイチューンズ」のビジネスモデルに近い。

人気記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。