需要がゼロになることを前提に経営をしています--葉田順治・エレコム社長(第2回)


 そのために、特に「BtoC」の新規事業はカットしました。LaCieとの提携など大変アドバンテージの高いものもありますが、とにかく5~7位のものはやめ、1~2位に入れる商品に集中することにしたんです。

また、在庫の絞り込みを徹底して行っています。右肩上がりだったので2.2カ月くらいで在庫を回していたんですが、1.5~1.6カ月で回すようにします。厳しいですが、過去はこのサイクルでやっていましたから。もう一度キャッシュフロー経営に戻ります。

--最悪、どのくらい売り上げがあれば頑張れるとお考えですか。

400億~450億円の間が損益分岐点ですかね。もちろん、さらに悪くなる可能性もありますし、円安というリスクもある。何が起こっても大丈夫なようにしますが、2012年は不気味ですね。全得意先にファクタリング(債権回収代行)もかけました。その代行会社が潰れたらダメなんですけどね(笑)。もちろん、代行会社もきちんと選びましたが、「絶対」などないんですよね。

はだ・じゅんじ
1953年三重県熊野市出身。甲南大学経営学部卒業。1986年エレコムを創業、2006年に同社を上場させる。パソコン周辺機器を中心に年商600億円規模の企業に育てる。大阪本社。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT