需要がゼロになることを前提に経営をしています--葉田順治・エレコム社長(第2回)


 そのために、特に「BtoC」の新規事業はカットしました。LaCieとの提携など大変アドバンテージの高いものもありますが、とにかく5~7位のものはやめ、1~2位に入れる商品に集中することにしたんです。

また、在庫の絞り込みを徹底して行っています。右肩上がりだったので2.2カ月くらいで在庫を回していたんですが、1.5~1.6カ月で回すようにします。厳しいですが、過去はこのサイクルでやっていましたから。もう一度キャッシュフロー経営に戻ります。

--最悪、どのくらい売り上げがあれば頑張れるとお考えですか。

400億~450億円の間が損益分岐点ですかね。もちろん、さらに悪くなる可能性もありますし、円安というリスクもある。何が起こっても大丈夫なようにしますが、2012年は不気味ですね。全得意先にファクタリング(債権回収代行)もかけました。その代行会社が潰れたらダメなんですけどね(笑)。もちろん、代行会社もきちんと選びましたが、「絶対」などないんですよね。

はだ・じゅんじ
1953年三重県熊野市出身。甲南大学経営学部卒業。1986年エレコムを創業、2006年に同社を上場させる。パソコン周辺機器を中心に年商600億円規模の企業に育てる。大阪本社。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。