auショップ、食品・生活用品などを販売へ

顧客の囲い込みを狙う

 8月24日、KDDIはauショップを活用したショッピングサービスを25日から始めると発表した。都内で2012年5月撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 24日 ロイター] - KDDI<9433.T>は24日、auショップを活用したショッピングサービスを25日から始めると発表した。auショップの店員がタブレットを用いて食品や生活用品などを紹介、購入の手助けをする。携帯電話契約数の伸びが期待できないなか、顧客の来店機会を増やすことで囲い込みにつなげるとともに、新たな収益源にしたい考えだ。

「auウォレットマーケット」というこの新サービスは、まず東京、大阪、名古屋、福岡の直営4店舗で始め、年内に全国2500のauショップに拡大する。また、5月に子会社化したルクサ(東京都渋谷区)と協業して、インターネットショッピングサービスも始める。取り扱う商品はauショップが約400弱、ネットショッピングが約700。

会見した村元伸弥コンシューマビジネス開発部長は「コンビニエンスストアのように3000、4000と品数を揃えてもショップで提案するのは難しい。価値のあるものにある程度商品を絞っていきたい」と語った。

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。