シャープ、ようやく鴻海と提携交渉へ

分社化協議を本格化へ

 8月23日、複数の関係筋にょると、シャープが主力の液晶事業について台湾の鴻海精密工業と提携交渉していることがわかった。液晶事業は分社化を検討する方針を表明済みで、産業革新機構も含めて出資交渉を本格化させる。写真は6月撮影(2015年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 23日 ロイター] - シャープ<6753.T>が、主力の液晶事業について台湾の鴻海精密工業<2317.TW>と提携交渉していることがわかった。液晶事業は分社化を検討する方針を表明済みで、ジャパンディスプレイ<6740.T>の筆頭株主の産業革新機構も含めて出資交渉を本格化させる。

複数の関係筋によると、液晶分社化にあたって鴻海は交渉相手の1つという。シャープと鴻海は、大型液晶製造の堺工場(大阪府堺市)で共同出資する提携関係にある。

両社は2012年3月に資本・業務提携を結び、シャープ本体に鴻海が出資する方向で協議したが、条件をめぐって破談。ただ、両者の交渉のパイプは途切れておらず、スマートフォン(スマホ)向け中小型パネルを中心に液晶事業の業績が悪化する中、液晶分社化の提携相手として可能性を探る。

シャープは10月1日付で液晶など5事業をまず社内分社する予定で、それと並行して外部資本で液晶事業を切り離す交渉を本格化させる方向。

液晶分社化は今春に検討を始め、当時、監督官庁の経済産業省に産業革新機構の資本活用を打診した経緯もある。関係筋によると、シャープは革新機構の資本活用も改めて視野に入れ、他社との交渉を本格化させる方針だ。

(村井令二)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT