名所のトップレス女性、NY市が取り締まりへ

調査のためのタスクフォースを発足

 8月20日、米ニューヨーク(NY)市は観光名所のタイムズ・スクエアで写真撮影の見返りにチップを観光客にしつこく要求しているとされるトップレス女性やコスプレ愛好家の取り締まりに向け、調査のためのタスクフォースを発足させた。写真は8月19日撮影(2015年 ロイター/Carlo Allegri )

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 米ニューヨーク(NY)市は20日、観光名所のタイムズ・スクエアで写真撮影の見返りにチップを観光客にしつこく要求しているとされるトップレス女性やコスプレ愛好家の取り締まりに向け、調査のためのタスクフォースを発足させた。

デブラシオ市長のオフィスは「過去数カ月にわたり、タイムズ・スクエアにおけるトップレスの人物やコスプレ愛好家による(チップの)強要への深刻な懸念が持ち上がっていた」と説明した。

市長が招集し、警察関係者などで構成するタスクフォースは調査結果を10月1日までに報告するという。

タイムズ・スクエアに赤や白、青色でペイントされたトップレス女性が現れたのは比較的最近だが、ミッキーやミニーマウス、アイアンマンといったキャラクターに扮(ふん)したコスプレ愛好家は数年前から目立つようになった。

北欧神話の雷神トールに扮したあるパフォーマーは匿名を条件に「われわれは皆アーティストであり、ストリートパフォーマーだ。われわれは自身の未来を守るために自主規制している」と話した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT