女性のトップレスが、あそこで認められる?

禁じられていたロサンゼルス郡に変化

 4月22日、米ロスのベニスビーチについて、女性にトップレスでの日光浴を認可するよう求める勧告が地元評議会に提示され、12対2の賛成多数で可決。写真は昨年3月、ベニスビーチで撮影(2015年 ロイター/Lucy Nicholson)

[ロサンゼルス 22日 ロイター] - 米ロサンゼルスのベニスビーチについて、女性にトップレスでの日光浴を認可するよう求める勧告が地元評議会に提示され、12対2の賛成多数で可決された。地元紙とテレビが伝えたもので、平等の促進とより欧州風の雰囲気が望まれるためという。

当局はまた、ベニスビーチはイタリアのベネチアになぞらえて設計されており、感覚もより欧州に近いと指摘した。

案件はロサンゼルス市議会と市長に提出され、検討される。

女性がトップレスで日光浴することは、カリフォルニア州内の多数のビーチで認められているが、ロサンゼルス郡では禁止されている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。