女性のトップレスが、あそこで認められる?

禁じられていたロサンゼルス郡に変化

 4月22日、米ロスのベニスビーチについて、女性にトップレスでの日光浴を認可するよう求める勧告が地元評議会に提示され、12対2の賛成多数で可決。写真は昨年3月、ベニスビーチで撮影(2015年 ロイター/Lucy Nicholson)

[ロサンゼルス 22日 ロイター] - 米ロサンゼルスのベニスビーチについて、女性にトップレスでの日光浴を認可するよう求める勧告が地元評議会に提示され、12対2の賛成多数で可決された。地元紙とテレビが伝えたもので、平等の促進とより欧州風の雰囲気が望まれるためという。

当局はまた、ベニスビーチはイタリアのベネチアになぞらえて設計されており、感覚もより欧州に近いと指摘した。

案件はロサンゼルス市議会と市長に提出され、検討される。

女性がトップレスで日光浴することは、カリフォルニア州内の多数のビーチで認められているが、ロサンゼルス郡では禁止されている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT