「夢は専業主婦」と語るのはダメなことですか

無邪気な発言で職場で大ひんしゅく

私の前職場であるリクルートは、「3年で辞めて起業します!」と宣言して入社してくる輩がとても多いし、「30歳までには実家を継ぎたい」とか「絶対留学する」とか辞める前提で会話するのはとても日常的だったので、私は微笑ましく感じてしまいますけどね。そんなヤツに限って立派な仕事をしたり抜擢されたりして、結果的に長く会社にいたりするものだから、「あら、まだいたの? 今頃起業してるはずじゃなかったっけ?」「勘弁してくださいよ~」なんていう冗談は今も後輩と交わしたりしているくらいです。

でも、この環境は特殊で、普通は、辞める前提で入社してきたなんてありえない!という反応の会社が大半のはずです。反応も考えずに堂々と宣言したのは、やっぱりあなたのミスでしょうねぇ。これは「専業主婦になりたいのは悪なのか」という問題とは別問題です。

一方で、あなたにそう感じさせてしまう空気感が世間にあるのも事実のように思います。

専業主婦志向は、憂慮される事態と認識されている

先日、超大手企業の役員に女性初で抜擢された経験を持つ妙齢の女性と一緒に講演したんです。その方の語るキャリアストーリーは、女性が組織で働き続けることそのものがとても難しい時代から、強い意志と行動力で道を切り開いてきたことがよく伝わる内容でした。

私たちのようにそれなりに支援されてきた世代には、「甘えている場合じゃない」と感じさせられる力強いメッセージで、感銘を受けながらお聴きしていました。すると、彼女が突然私に、「若い女性たちに専業主婦志向が高まっていると聞きますが、どう思いますか?」と問いかけたのです。そして、「信じられないわよね? どうしてそんなもったいなこと考えられるのかしら?」とすごく憤慨していらっしゃる様子。

私は同意を求められて、ちょっとひるんでしまいました。多様な生き方や働き方が必要だと声高に叫ばれているのに、実は、若い女性の専業主婦志向の高まりは、世の中的に「憂慮される事態」に認定されているのだなぁと思い知った瞬間です。

次ページ専業主婦はハードな業務
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。