五輪リオ大会の建設作業員、「まるで奴隷」

不衛生な環境で生活

 8月15日、2016年リオデジャネイロ夏季五輪の選手村の建設を請け負っている業者が、複数の作業員に劣悪な環境での生活を強いていることが明らかに。写真はリオ五輪組織委員会の本部。リオデジャネイロで12日撮影(2015年 ロイター/Sergio Moraes)

[サンパウロ 15日 ロイター] - 2016年リオデジャネイロ夏季五輪の選手村の建設を請け負っている業者が、複数の作業員に劣悪な環境での生活を強いていることが明らかになった。

リオデジャネイロの労働裁判所とブラジル労働省が調査を行ったところ、下請け業者Brasil Global Serviçosの作業員11人が不衛生な環境で生活していることが判明したという。

検察官は14日、公式声明で「作業員の住居ではゴキブリ、ネズミや汚水が見つかった。あまりに不衛生であるため、多くの作業員は屋外で寝ていた」とし、「会社が家賃の支払いを中止したことにより、まるで奴隷のような環境となっている」と述べた。

これに対し、業者からのコメントは得られていない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT