五輪リオ大会の建設作業員、「まるで奴隷」

不衛生な環境で生活

 8月15日、2016年リオデジャネイロ夏季五輪の選手村の建設を請け負っている業者が、複数の作業員に劣悪な環境での生活を強いていることが明らかに。写真はリオ五輪組織委員会の本部。リオデジャネイロで12日撮影(2015年 ロイター/Sergio Moraes)

[サンパウロ 15日 ロイター] - 2016年リオデジャネイロ夏季五輪の選手村の建設を請け負っている業者が、複数の作業員に劣悪な環境での生活を強いていることが明らかになった。

リオデジャネイロの労働裁判所とブラジル労働省が調査を行ったところ、下請け業者Brasil Global Serviçosの作業員11人が不衛生な環境で生活していることが判明したという。

検察官は14日、公式声明で「作業員の住居ではゴキブリ、ネズミや汚水が見つかった。あまりに不衛生であるため、多くの作業員は屋外で寝ていた」とし、「会社が家賃の支払いを中止したことにより、まるで奴隷のような環境となっている」と述べた。

これに対し、業者からのコメントは得られていない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。