五輪リオ大会の建設作業員、「まるで奴隷」

不衛生な環境で生活

 8月15日、2016年リオデジャネイロ夏季五輪の選手村の建設を請け負っている業者が、複数の作業員に劣悪な環境での生活を強いていることが明らかに。写真はリオ五輪組織委員会の本部。リオデジャネイロで12日撮影(2015年 ロイター/Sergio Moraes)

[サンパウロ 15日 ロイター] - 2016年リオデジャネイロ夏季五輪の選手村の建設を請け負っている業者が、複数の作業員に劣悪な環境での生活を強いていることが明らかになった。

リオデジャネイロの労働裁判所とブラジル労働省が調査を行ったところ、下請け業者Brasil Global Serviçosの作業員11人が不衛生な環境で生活していることが判明したという。

検察官は14日、公式声明で「作業員の住居ではゴキブリ、ネズミや汚水が見つかった。あまりに不衛生であるため、多くの作業員は屋外で寝ていた」とし、「会社が家賃の支払いを中止したことにより、まるで奴隷のような環境となっている」と述べた。

これに対し、業者からのコメントは得られていない。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。