アップル、過去1年の女性採用は65%増 

人材の多様性推進で

 8月13日、米アップルの発表によると、過去1年間に同社が全世界で採用した女性の数は前年を65%上回る1万1000人超となった。サンフランシスコで4月撮影(2015年 ロイター/Robert Galbraith)

[13日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>の発表によると、過去1年間に同社が全世界で採用した女性の数は前年を65%上回る1万1000人超となった。同社は従業員の多様性推進に努めている。

ティム・クック最高経営責任者(CEO)はウェブサイトで「今年に入り半年間で当社が米国で採用した従業員の50%近くは、女性、黒人、ヒスパニック、あるいはネイティブ・アメリカンだ」とコメント。まだ多くの課題が残っているとも述べた。

アップルは2014年9月時点で9万2600人のフルタイム従業員を抱えている。

米国シリコンバレーのハイテク企業では、人材の多様性の欠如が問題視されており、女性や人種的マイノリティーの比率をどう改善するかが課題となっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。