アップル、過去1年の女性採用は65%増 

人材の多様性推進で

 8月13日、米アップルの発表によると、過去1年間に同社が全世界で採用した女性の数は前年を65%上回る1万1000人超となった。サンフランシスコで4月撮影(2015年 ロイター/Robert Galbraith)

[13日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>の発表によると、過去1年間に同社が全世界で採用した女性の数は前年を65%上回る1万1000人超となった。同社は従業員の多様性推進に努めている。

ティム・クック最高経営責任者(CEO)はウェブサイトで「今年に入り半年間で当社が米国で採用した従業員の50%近くは、女性、黒人、ヒスパニック、あるいはネイティブ・アメリカンだ」とコメント。まだ多くの課題が残っているとも述べた。

アップルは2014年9月時点で9万2600人のフルタイム従業員を抱えている。

米国シリコンバレーのハイテク企業では、人材の多様性の欠如が問題視されており、女性や人種的マイノリティーの比率をどう改善するかが課題となっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。