アップル、過去1年の女性採用は65%増 

人材の多様性推進で

 8月13日、米アップルの発表によると、過去1年間に同社が全世界で採用した女性の数は前年を65%上回る1万1000人超となった。サンフランシスコで4月撮影(2015年 ロイター/Robert Galbraith)

[13日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>の発表によると、過去1年間に同社が全世界で採用した女性の数は前年を65%上回る1万1000人超となった。同社は従業員の多様性推進に努めている。

ティム・クック最高経営責任者(CEO)はウェブサイトで「今年に入り半年間で当社が米国で採用した従業員の50%近くは、女性、黒人、ヒスパニック、あるいはネイティブ・アメリカンだ」とコメント。まだ多くの課題が残っているとも述べた。

アップルは2014年9月時点で9万2600人のフルタイム従業員を抱えている。

米国シリコンバレーのハイテク企業では、人材の多様性の欠如が問題視されており、女性や人種的マイノリティーの比率をどう改善するかが課題となっている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT