狙われる台湾の小型株市場、私腹を肥やす投資信託関係者


3億台湾ドル(7・6億円)を超す高級マンション暮らし

この乱高下に対し、行政院金融監督管理委員会が直ちに調査に乗り出し、焦点は買いの主役だった投資信託に絞られた。同委員会は複数のファンドマネジャーを呼んで事情を聴取。その中には著名なファンドマネジャーが何人もいたという。

一説によると、盈正豫順がまだ興櫃売買市場に上場していた当時、ファンドマネジャーが同社株を購入、櫃台売買市場に鞍替えするのを待って、1株500台湾ドル以上でファンドに買い取らせたという。また、別の説によると、何人ものファンドマネジャーが同社株を上場売り出し価格の1株185台湾ドルで買い、櫃台売買市場への上場後に株価吊り上げに協力。高値になると直ちに手放し、利益を確保したというのだ。

ファンドマネジャーが動かしている資金は、そもそも投資家のもの。それを道具に自分の懐を肥やすことは、投資信託の信用を損なうばかりか、背任行為に当たる。台湾の現行法令では、ファンドマネジャーが職務を利用して株価操作に協力し、投資家の権益を損なった場合、背任罪で最高懲役5年に処せられる。

昨年10月29日、証券櫃台売買中心は、まず同社株の上場を担当した富邦証券に対し「評価報告と関連資料に問題がある」として厳しい処分を申し渡した。続いて行政院金融監督管理委員会が今年3月、投資信託会社の徳盛安聯、ING安泰などを、「営業収入予測、購入価格の算出根拠を、投資分析報告の中で十分に説明していない」として処分した。

今後は核心部分に入っていくと思われる。行政院金融監督管理委員会が最終的にどのような処分を下すのか、投資信託業界の関係者は不安な日々を過ごしているという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。