(第21回)日本型垂直統合と残存する日本型雇用

つまり、「学校を卒業して就職し、退職までその企業にとどまる」という仕組みは変わりなく続いているということだ。労働市場に出されれば、ハローワークの世界になる。あとは、非正規労働の労働市場だけだ。日本で労働市場といえるものは、新卒者を対象としたものしかない。退職後の再就職も、市場を経由するとは限らない。大企業からの場合は、系列子会社への就職がかなり多い。

なお、こうした日本の労働市場の特殊性は、失業率統計を見る際に留意すべきことだ。日本の失業率は4%台であるのに対し、アメリカの失業率は10%近い。だから、「失業問題はアメリカのほうが深刻だ」と思いがちだ。しかし、右のことを考えると、そうもいえない。

日本では、いったん雇用した労働者を容易に解雇できない。そのため、中途採用者の雇用市場が発達せず、そのためさらに解雇が困難になる。企業間の労働移動が困難であるため、企業が過剰雇用を抱え込まざるをえなくなる。したがって、企業内失業者が膨大な数に上る。

特に、高学歴者が動かないことが大きな問題だ。経営者の労働市場は、存在しないに等しい。これがもたらす問題については後述する。

第二に、年功序列賃金体系も変わらない。図は、大学・大学院卒について、賃金分布が年齢別にどのように変化するかを示す(ここに示されているのは、ある時点における異なる年齢の賃金である。ただし、以下では、特定のコーホート〈同一の世代集団〉についての時間的推移を示すものと解釈する)。


政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。