新型イースで見せたダイハツの「原点回帰」、軽でハイブリッドに対抗

新型イースで見せたダイハツの「原点回帰」、軽でハイブリッドに対抗

「軽自動車の原点に戻って、低燃費、低価格を徹底的に追求した」。ダイハツ工業の伊奈功一社長はそう胸を張る。

ダイハツの新型軽「ミライース」が快走している。9月20日の発売から1カ月間の受注台数は、計画の4倍となる約4万に上った。国の新しい燃費基準(JC08モード)で1リットル当たり30キロメートルをガソリン車として初めて突破。79・5万円からという低価格も大きな武器だ。

軽自動車販売トップのダイハツでは、従来6~7割が女性客だった。それがイースでは男性客が約5割を占める。「軽というより、エコカーとしてお求めになるお客様が多い」(馬場建二・営業本部長)。外車やトヨタ自動車の「プリウス」などで来店し、購入を検討する客もいる。

軽だから低燃費、低価格は当たり前に思えるかもしれないが、そうではない。むしろ、近年はそこから離れてしまったという反省がある。だからこその“原点回帰”なのだ。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。