新型イースで見せたダイハツの「原点回帰」、軽でハイブリッドに対抗

新型イースで見せたダイハツの「原点回帰」、軽でハイブリッドに対抗

「軽自動車の原点に戻って、低燃費、低価格を徹底的に追求した」。ダイハツ工業の伊奈功一社長はそう胸を張る。

ダイハツの新型軽「ミライース」が快走している。9月20日の発売から1カ月間の受注台数は、計画の4倍となる約4万に上った。国の新しい燃費基準(JC08モード)で1リットル当たり30キロメートルをガソリン車として初めて突破。79・5万円からという低価格も大きな武器だ。

軽自動車販売トップのダイハツでは、従来6~7割が女性客だった。それがイースでは男性客が約5割を占める。「軽というより、エコカーとしてお求めになるお客様が多い」(馬場建二・営業本部長)。外車やトヨタ自動車の「プリウス」などで来店し、購入を検討する客もいる。

軽だから低燃費、低価格は当たり前に思えるかもしれないが、そうではない。むしろ、近年はそこから離れてしまったという反省がある。だからこその“原点回帰”なのだ。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT