新型イースで見せたダイハツの「原点回帰」、軽でハイブリッドに対抗

新型イースで見せたダイハツの「原点回帰」、軽でハイブリッドに対抗

「軽自動車の原点に戻って、低燃費、低価格を徹底的に追求した」。ダイハツ工業の伊奈功一社長はそう胸を張る。

ダイハツの新型軽「ミライース」が快走している。9月20日の発売から1カ月間の受注台数は、計画の4倍となる約4万に上った。国の新しい燃費基準(JC08モード)で1リットル当たり30キロメートルをガソリン車として初めて突破。79・5万円からという低価格も大きな武器だ。

軽自動車販売トップのダイハツでは、従来6~7割が女性客だった。それがイースでは男性客が約5割を占める。「軽というより、エコカーとしてお求めになるお客様が多い」(馬場建二・営業本部長)。外車やトヨタ自動車の「プリウス」などで来店し、購入を検討する客もいる。

軽だから低燃費、低価格は当たり前に思えるかもしれないが、そうではない。むしろ、近年はそこから離れてしまったという反省がある。だからこその“原点回帰”なのだ。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。