勝者なきテレビ消耗戦、巨艦パナソニックもついに陥落


しかし、プラズマ・液晶テレビ用パネル事業子会社の債務超過額は11年3月末で3450億円に達している。普通の会社ならば、とっくに倒産していた水準にもかかわらず、資金を注入し続けた責任は大きい。長年にわたりテレビ市場を見てきたアナリストはこう皮肉る。「テレビ拡大路線の中心に立っていた中村邦夫会長が今も会社の頂点に君臨している。軌道修正が遅れたのは、誰も彼に異を唱えられなかったからだろう」。

日本企業ばかりではない。世界首位の韓国サムスン電子も液晶パネル事業は赤字。11年1~6月期の営業赤字額は4400億ウォン(297億円)。現地紙の朝鮮日報によれば、7月に液晶ディスプレー事業部門でトップ以下の役員が全員更迭された。現在は追加の人員削減や組織改編が実施されている最中だ。

サムスンと双璧を成すLGも同じく苦戦する。液晶パネルなどのディスプレー事業は11年1~9月までの累計で7790億ウォン(525億円)もの営業損失を計上。テレビ依存を弱め、タブレットPC用など別用途を広げる事業再構築を強いられている。

急速な市場変化に直面するテレビ業界は、先の見えない消耗戦に突入している。

パナソニックの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]


(本誌:テレビ事業取材班 =週刊東洋経済2011年11月5日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT