BMW子会社も「アルファベット」だった

グーグルの商標権侵害を調査

 8月11日、ドイツ自動車大手BMWは、米グーグルが設立を発表した新持ち株会社「アルファベット」が、BMWの子会社と同名であるとして、商標権侵害の有無を調べていると明らかにした(2015年 ロイター/Pascal Rossignol )

[フランクフルト 11日 ロイター] - ドイツ自動車大手BMW<BMWG.DE>は11日、インターネット検索最大手の米グーグル<GOOGL.O>が設立を発表した新持ち株会社「アルファベット」が、BMWの子会社と同名であるとして、商標権侵害の有無を調べていると明らかにした。

BMWの広報担当者は同日、「商標をめぐる影響があるか調査中だ」と述べた。現時点ではグーグルに対し法的措置を講じる計画はないという。

グーグルは10日の発表で、「アルファベット」設立に際し、「アルファベット」の名前で製品を出したり、ブランド展開したりする考えはないと明言している。このためBMWとの間で法的な争いが生じる公算は小さい。

BMWの「アルファベット」は法人の自動車利用に関連したサービスを18カ国で提供している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT