BMW子会社も「アルファベット」だった

グーグルの商標権侵害を調査

 8月11日、ドイツ自動車大手BMWは、米グーグルが設立を発表した新持ち株会社「アルファベット」が、BMWの子会社と同名であるとして、商標権侵害の有無を調べていると明らかにした(2015年 ロイター/Pascal Rossignol )

[フランクフルト 11日 ロイター] - ドイツ自動車大手BMW<BMWG.DE>は11日、インターネット検索最大手の米グーグル<GOOGL.O>が設立を発表した新持ち株会社「アルファベット」が、BMWの子会社と同名であるとして、商標権侵害の有無を調べていると明らかにした。

BMWの広報担当者は同日、「商標をめぐる影響があるか調査中だ」と述べた。現時点ではグーグルに対し法的措置を講じる計画はないという。

グーグルは10日の発表で、「アルファベット」設立に際し、「アルファベット」の名前で製品を出したり、ブランド展開したりする考えはないと明言している。このためBMWとの間で法的な争いが生じる公算は小さい。

BMWの「アルファベット」は法人の自動車利用に関連したサービスを18カ国で提供している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。