中国系ハッカー集団がアメリカ系企業を攻撃

標的はアメリカン航空やアンセム

 8月7日、中国系のハッカー集団が米アメリカン航空グループや航空券の予約システム運営会社のセーバーのシステムに侵入したとブルームバーグが報じた。ボストンのローガン空港で6月撮影(2014年 ロイター/BRIAN SNYDER)

[7日 ロイター] - 中国系のハッカー集団が米アメリカン航空グループ<AAL.O>や航空券の予約システム運営会社のセーバー<SABR.O>のITシステムに侵入したことが分かった。ブルームバーグが関係筋の話として報じた。

セーバーはロイターに対し、クレジットカードや個人特定可能な情報など、敏感で保護された情報への不正アクセスについて、現時点で確認していないと説明。アメリカン航空は、報道された攻撃を裏付ける証拠が無いと説明している。

報道によると、米医療保険大手、アンセム<ANTM.N>などを攻撃したハッカー集団と同じだという。

セーバーは「最近、サイバーセキュリーティー事案の発生を知った」と説明。調査を続けているとした。

アメリカン航空の広報担当者は「デジタル署名やIPアドレス、攻撃態様を調べる外部のサイバーセキュリティー専門家と連携しているが、米連邦人事管理局(OPM)で起きたのと同様の攻撃を受けたことを示す証拠はない」と説明した。

ただ、「本日の件を踏まえてという訳でなく、業界内で攻撃が頻発していることを受け、取り組みを強化したほか、調査やシステム防衛を行うサイバーセキュリティー専門家を増員した」としている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。