バイデン氏、立候補者に向け支持者と協議

死去した長男が立候補を望んでいた

 8月1日、バイデン米副大統領は、来年行われる大統領選の民主党候補者指名争いへの立候補を視野に、ワシントンの自宅で支持者などと会合を重ねている。写真は同副大統領(左)とオバマ大統領。7月撮影(2015年 ロイター/Andrew Harnik/Pool)

[ワシントン 1日 ロイター] - バイデン米副大統領は、来年行われる大統領選の民主党候補者指名争いへの立候補を視野に、ワシントンの自宅で支持者などと会合を重ねている。米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)が1日伝えた。

5月に脳腫瘍で死去した長男のボー・バイデン氏は父親の出馬を望んでいたという。

NYTが複数の関係者の話として伝えたところでは、バイデン氏と側近は民主党候補として本命視されているクリントン氏への支持を固めていない民主党幹部や支持者と接触。バイデン氏のスティーブ・リケッティ首席補佐官は、ボー氏が亡くなる数カ月前から支持者との話し合いを始めたという。

バイデン氏は夏の終わりに立候補するかどうかを決めると表明していた。

ホワイトハウスはバイデン氏の出馬についてコメントしていない。

NYTによると、バイデン氏の広報担当者は「副大統領は家族と向き合い、仕事に専念している」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。