バイデン氏、立候補者に向け支持者と協議

死去した長男が立候補を望んでいた

 8月1日、バイデン米副大統領は、来年行われる大統領選の民主党候補者指名争いへの立候補を視野に、ワシントンの自宅で支持者などと会合を重ねている。写真は同副大統領(左)とオバマ大統領。7月撮影(2015年 ロイター/Andrew Harnik/Pool)

[ワシントン 1日 ロイター] - バイデン米副大統領は、来年行われる大統領選の民主党候補者指名争いへの立候補を視野に、ワシントンの自宅で支持者などと会合を重ねている。米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)が1日伝えた。

5月に脳腫瘍で死去した長男のボー・バイデン氏は父親の出馬を望んでいたという。

NYTが複数の関係者の話として伝えたところでは、バイデン氏と側近は民主党候補として本命視されているクリントン氏への支持を固めていない民主党幹部や支持者と接触。バイデン氏のスティーブ・リケッティ首席補佐官は、ボー氏が亡くなる数カ月前から支持者との話し合いを始めたという。

バイデン氏は夏の終わりに立候補するかどうかを決めると表明していた。

ホワイトハウスはバイデン氏の出馬についてコメントしていない。

NYTによると、バイデン氏の広報担当者は「副大統領は家族と向き合い、仕事に専念している」と述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT