ギリシャが付加価値税の「脱税摘発」を強化

夏場の観光名所を重点検査

 7月29日、ギリシャ政府は脱税の摘発強化に向け、夏場の観光名所を重点的に取り締まる方針を明らかにした。写真はアテネのパルテノン神殿前で9日撮影(2015年 ロイター/Christian Hartmann)

[アテネ 29日 ロイター] - ギリシャ政府は29日、脱税の摘発強化に向け、夏場の観光名所を重点的に取り締まる方針を明らかにした。高級ホテルから格安レストランに至るまであらゆる施設や事業者が対象になる。

アレキシアディス財務副大臣は記者団に対し、夏期期間中の脱税取り締まり策の概要を説明した。

ギリシャでは20日から、レストランなどに課している付加価値税(VAT)の税率が従来の13%から23%に引き上げられた。 

副大臣によると、週末に行った抜き打ち検査では事業者の4人に1人の割合で脱税行為が発覚したという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。