ドコモ、「9四半期ぶり増収増益」も喜べぬワケ

本当に減益基調に歯止めはかかったのか

また、前出の契約純増数には、ドコモ本体の契約だけでなく、ドコモの通信網を借りて安価なサービスを提供するMVNO(仮想移動体通信事業者)の契約が多く含まれている。MVNO市場は既存の事業者に加えて、楽天やカルチュア・コンビニエンス・クラブなども本格参入するなど、かつてない盛り上がりを見せている。つまり、ドコモの自力だけで2倍の純増数となったわけではないのだ。

独自コンテンツサービスの集合体「dマーケット」など、ドコモが注力するスマートライフ領域(通信以外の分野)についても、足元の好調が年間を通して続くわけではない。確かに同領域は、通期の営業益計画が500億円のところ、子会社群の好調などにより、4~6月期は230億円を達成している。だが、「ポイント関連費用を下期に重く見ているので、足元の進捗率が高くなっている」(加藤社長)点に注意する必要がある。

こうした事情もあって、加藤社長は「(4~6月期は)コスト削減効果が強めに出たところもある。手応えを感じつつも、注視していきたい」としている。

7~9月期以降も単純比較は禁物

第2四半期についても注意すべきポイントがある(撮影:尾形文繁)

第2四半期(7~9月期)以降も、前年同期との単純比較では実態を見誤るかもしれない。

昨年度の7~9月期は、6月の新料金プラン導入によって約400億円の収益マイナス影響があった。最も安いデータ通信プラン(月額3500円)にユーザーが殺到したためだ。今年度はこの影響が薄れ、前年同期比では業績が改善する可能性が高い。

今後については、光回線とスマホのセット割引「ドコモ光」(41万件)を駆使してスマホの販売数を維持しつつ、タブレット端末を上積みできるか、また「dTV」(動画見放題サービス)、「dヒッツ」(音楽聴き放題サービス)、5月開始の「dグルメ」(料理レッスン動画やレシピ情報、クーポンなど)といった独自コンテンツでの会員獲得、さらには販促費用、ネットワーク設備を中心としたコスト削減の進捗状況なども、合わせてチェックする必要があろう。

業績悪化が続き、営業利益が2011年度の8744億円から昨年度は6390億円まで急降下したドコモ。ひとまず減益基調に歯止めがかかった格好だが、仮に今年度が計画通りに着地できたとしても、営業利益は6800億円の見通し。本格回復とするには、まだ程遠い水準だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。