ドコモ、「9四半期ぶり増収増益」も喜べぬワケ

本当に減益基調に歯止めはかかったのか

2015年度第1四半期の決算を説明する加藤社長

「通期計画に対して順調に進捗している」。9四半期ぶりの増収増益に、加藤薰社長は終始、ほっとした表情を浮かべていた。

NTTドコモは7月29日、2015年度第1四半期(4~6月期)決算を発表した。売上高に相当する営業収益は前年同期比0.1%増の1兆0768億円、本業の儲けを示す営業利益は同12.3%増の2353億円だった。

契約純増数は同2倍の94万件と大幅に伸長。スマートフォン販売台数も328万台(同306万台)、タブレットも店頭でスマホと合わせた提案を進めたことで45万台(同29万台)と伸ばしている。

端末料金の割引サービス「月々サポート」による収益のマイナス幅は、前期の458億円から226億円に縮小し、ネットワーク設備を中心にコスト削減も進んだ。通期計画に対する営業利益の進捗率は34.6%と、2008年度以来の高い水準だ。

注意すべき3つのポイント

このように格好のスタートを切ったように見えるドコモだが、その裏には注意すべき、いくつかのポイントがある。

まず、昨年は3月の年度末商戦で通信大手各社がキャシュバック合戦を繰り広げ、販売を大きく伸ばしたが、その反動から4~6月の販売数は前年同期比で23.7万台の減少と落ち込んだ。今年度の第1四半期はそうした特殊要因がなく、1年前と比較するうえでのハードルは低かった。

次ページ残る2つのポイントとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT