ファナック、「スマホ特需」失速で下方修正へ 高利益率の優等生に急ブレーキがかかった

印刷
A
A
ファナックの稲葉善治社長は今回の下方修正からどう挽回するか

これは「今まで活発だった一部IT産業の短期的な需要が、第1四半期末にかけて受注が急減」(ファナック)しているためという。また、「中国などの設備投資動向において不透明な状況が続いている」(同)と、中国経済の減速懸念も下方修正の理由として挙げている。

一般的に工作機械業界は、顧客であるメーカーの設備投資次第という特性から、景気の影響を受けやすい。2008年秋のリーマンショックをはさみ、ファナックの売上高は、2008年3月期の4683億円から、2010年3月期2533億円まで、2年間で半分近くまで減らした経験がある。

中国経済の変調が深刻な状況となれば、ファナックの業績は大きく落ち込む可能性がある。一方では再びスマホ新製品が牽引する特需が発生する公算もある。前期は過去最高益の業績を記録したファナックだが、中国市場が読めない今期は、しばらく一進一退の状況が続きそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT