株価混乱でも中国新興企業はヒートアップ

無名のスタートアップにVCの投資が殺到

中国を中心とするアジアのスタートアップ企業に世界中から資金が集まっている(lakov Kalinlin/PIXTA)

モバイルアプリのスタートアップが、最初の製品を発売してからわずか1年で企業価値が10億ドルに達すれば、シリコンバレーなら羨望と嫉妬を浴びるだろう。

しかし、成層圏に突き抜けんばかりの急成長を遂げた「アパス・グループ」は、シリコンバレーではほとんど知られていない。なにしろ7000キロメートル以上離れた中国を拠点とする企業なのだ。

テクノロジー業界への投資、世界に分散

アジアではIT系スタートアップへの投資が過熱している。勢いも金額もアメリカ並みだ。調査会社CBインサイツによると、今年前半の6カ月で、アパスを含む46社が資金調達で1億ドル以上を集めている。北米の48社にわずかに届かなかった。

アジアの投資家(特に中国とインドの投資家)が活発なことは、テクノロジー業界への投資が世界的に分散していることを物語る。アジアの銀行やプライベート・エクイティ、ベンチャーキャピタル、さらにはハードウエアやインターネットの大手企業が、地元のスタートアップに積極的に投資している。アメリカの投資家も、地元の市場に強いアジアの投資家を支援するようになった。

ただし、中国の株式市場はこの数週間混乱を極めており、ハイペースの投資が続くかどうか疑問を感じる。中国の株価はこの1年で劇的に高騰し、多くの大型資金調達の成功を支えた。しかし、1カ月前の暴落の影響で、中国の大口の投資家やプライベート・エクイティはほかの分野の投資に問題が生じ、スタートアップの大規模な資金調達を敬遠するようになった。

次ページそんな中でも資金調達に成功する会社も・・・・・・
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。