株価混乱でも中国新興企業はヒートアップ

無名のスタートアップにVCの投資が殺到

中国を中心とするアジアのスタートアップ企業に世界中から資金が集まっている(lakov Kalinlin/PIXTA)

モバイルアプリのスタートアップが、最初の製品を発売してからわずか1年で企業価値が10億ドルに達すれば、シリコンバレーなら羨望と嫉妬を浴びるだろう。

しかし、成層圏に突き抜けんばかりの急成長を遂げた「アパス・グループ」は、シリコンバレーではほとんど知られていない。なにしろ7000キロメートル以上離れた中国を拠点とする企業なのだ。

テクノロジー業界への投資、世界に分散

アジアではIT系スタートアップへの投資が過熱している。勢いも金額もアメリカ並みだ。調査会社CBインサイツによると、今年前半の6カ月で、アパスを含む46社が資金調達で1億ドル以上を集めている。北米の48社にわずかに届かなかった。

アジアの投資家(特に中国とインドの投資家)が活発なことは、テクノロジー業界への投資が世界的に分散していることを物語る。アジアの銀行やプライベート・エクイティ、ベンチャーキャピタル、さらにはハードウエアやインターネットの大手企業が、地元のスタートアップに積極的に投資している。アメリカの投資家も、地元の市場に強いアジアの投資家を支援するようになった。

ただし、中国の株式市場はこの数週間混乱を極めており、ハイペースの投資が続くかどうか疑問を感じる。中国の株価はこの1年で劇的に高騰し、多くの大型資金調達の成功を支えた。しかし、1カ月前の暴落の影響で、中国の大口の投資家やプライベート・エクイティはほかの分野の投資に問題が生じ、スタートアップの大規模な資金調達を敬遠するようになった。

次ページそんな中でも資金調達に成功する会社も・・・・・・
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT