KDDIがiPhone5を販売、サムスン・ギャラクシー投入も狙い、スマホで最強の布陣に


 販売代理店でも、KDDIからのiPhone発売を前提としたとみられる下準備が一部で進められている。まだ販売開始の正式通知は一切ないが、「iPhoneが出る可能性はかなり高い」(販売代理店幹部)と業界では確信を深めている。

iPhoneだけではない。KDDIは連休明けの26日、冬の新製品発表会を控える。ここでは通常の通信方式のほかに、高速通信のWiMAX(持分法適用会社のUQコミュニケーションズが手掛ける通信方式)を利用できるスマートフォン4機種(富士通、京セラ、HTC、モトローラ)などを発表する。年末販売の予定だ。

さらに来春には、iPhoneの対抗馬とされる韓国・サムスン電子のスマートフォン「ギャラクシー」シリーズの取り扱いを開始するといううわさもある。ギャラクシーは現在、日本ではドコモのみが販売しており、同社でもっとも売れている有力なスマートフォン。それを取り扱うこととなれば、KDDIは一挙に国内最強の端末ラインナップを誇る携帯電話事業者に踊り出ることになる。

iPhoneを武器に、ソフトバンクが一人勝ちしてきた近年の携帯電話業界。だが、主要3社中、もっとも品揃えの悪かったKDDIが仕掛ける攻勢で、今後勢力関係は混沌としてきそうだ。

◆KDDIの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(桑原 幸作 =東洋経済オンライン  写真は田中孝司KDDI社長 撮影:尾形文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT