ロイヤルホテルが森トラストと資本業務提携、10年後の大阪・旗艦ホテル建て替え構想が明らかに


 なお、今回の提携によりロイヤルホテルは2012年3月期業績見通しを修正した。売上高見通しは従来どおりだが営業損益は7億円の赤字(前期は4.39億円の営業黒字)として、従来から8.5億円引き下げた。通期営業赤字転落の要因は、土地売却に伴う10年間の事業用定期借地権設定による減価償却費が7億円増えることだ。また土地譲渡損30億円の計上で最終赤字は50億円(従来見通しは13億円の最終赤字)に膨らむ見通しだ。

来期に関しても減価償却費増の通年化で約5億円の費用増となることなどを踏まえて、東洋経済は独自予想を表記のようにした。

(野村 明弘 =東洋経済オンライン)

 


《東洋経済・最新業績予想》
 (百万円)    売 上  営業利益   経常利益  当期利益
連本2011.03       48,516        439       -450    -17,942
連本2012.03予      47,500       -700     -1,500     -5,000
連本2013.03予      48,500        250       -250       -250
連中2010.09       22,535       -694     -1,149     -1,395
連中2011.09予      21,200     -1,450     -1,900     -5,250
-----------------------------------------------------------
          1株益¥    1株配¥
連本2011.03       -175.1          0 
連本2012.03予       -48.8          0 
連本2013.03予        -2.4          0 
連中2010.09        -13.6          0 
連中2011.09予       -51.2          0 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT