ワークスタイル変革で働く人を強くする《組織・人を強くするCSR 第3回》


個人の視点で見れば、旧来のように仕事に個を埋没させるのではなく、「ワーク」と「ライフ」の双方を充実させることで、働きがいや働きやすさを獲得し望ましいキャリアを実現する。さらにその結果としてよりよい人生を生きるためのすべとしての意味合いも持つだろう。

ワークスタイル変革は、情報化や少子高齢化、社会全体の多様化、グローバル化など、ますます複雑化していく社会において、企業と個人がどう共存共栄していくかのひとつの指針になりうる。

企業にとって重要なステークホルダーでもある社員との良好な関係構築は、企業がCSR活動を進めていくためのスタート地点である。ここがうまくいくことで「攻めのCSR」がさらに効果を発揮すると考えられる。

(この連載はクレイグ・コンサルティングのコンサルタントが執筆します)

株式会社クレイグ・コンサルティング
2004年設立。ISO26000対応などのCSRコンサルティングを中心に、経営戦略、M&A、事業再生、人事コンサルティングなど幅広い分野でのコンサルティングを手掛ける。 http://www.craig.co.jp/

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT