JALが格安航空進出で共食いのおそれ、背中を押され路線変更

JALが格安航空進出で共食いのおそれ、背中を押され路線変更

経営再建が軌道化している日本航空(JAL)が新たな賭けに出た。

8月16日、JALは豪航空大手カンタスグループ、三菱商事と合弁で格安航空会社(LCC)を設立すると発表。すでに全日本空輸(ANA)もLCC設立に乗り出し、ライバル2社が出そろった。

カンタス傘下のLCCブランドを冠にした新会社、ジェットスター・ジャパンの出資比率は各社3分の1ずつ。2012年末メドに成田や関西国際空港を拠点に国内・国際線の運航を開始する計画だ。

運賃は大手平均の4割安だが、「(同一時間帯の同一路線で)他社より安い最低価格保証を行う」とジェットスターのブルース・ブキャナンCEOは言明。先行するANAのLCC子会社エアアジア・ジャパンとほぼ同じく、数年後に売上高1000億円を目標に掲げてみせた。

JALはかねて稲盛和夫会長が「高級路線で再建を目指す」と強調してきた。が、成田の発着枠拡大(現22万回が14年度30万回)が決定。アジア系LCCの相次ぐ参入も取りざたされ、背中を押されたことは否めない。

JALの大西賢社長は「顧客の一部が移るのは否定できないが、(サービス内容などを変えて)食い合いを極小化できる」と強調。カンタスはフルサービスのカンタス航空(JALに相当)とLCCのジェットスターを円滑に運営しているとの見方を示した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT