"炊飯器と旅する"女性「にぎりびと」の意外な正体 「世の中で一番偉いのは炊飯器」神谷さん(前編)

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小
神谷よしえさん
「にぎりびと」神谷よしえさんが開催する「おにぎりイベント」は各地からオファーが絶えない。神谷さんのおにぎりの魅力とは?(写真:尾形文繁)
「にぎりたてのおにぎり」を手渡しで渡して、その場で食べてもらう「おにぎりイベント」を各地で開催する「にぎりびと」神谷よしえさん。
拠点とする佐賀県・嬉野温泉の和多屋別荘で「おにぎり 神谷」として定期的に開催される朝食会は予約枠がすぐにいっぱいになってしまうという。
全国各地からも「おにぎりをにぎりに来てほしい」「イベントでおにぎりをにぎってほしい」というオファーが絶えず、その活動は海外にも広がっている。
神谷さんはなぜおにぎりをにぎるのか、神谷さんのにぎるおにぎりは何がそんなに魅力的なのか。人気の秘密に迫ってみた。
*この記事の続き:「"宇宙食"としても注目」おにぎりは凄い食べ物だ
*この記事の続き:にぎりびと直伝!「絶品おにぎり」作る簡単すぎる技

たったひとつのおにぎりが人を笑顔にする

炊きたてのごはんを手際よくにぎり、カウンターに並ぶお客さんに手渡しで渡す。

渡されたおにぎりは、小ぶりでつやつやの丸っぽい三角。熱々を口に運ぶとスルッとほどけ、ごはんの甘みと香りが口いっぱいに広がる。

具も入っていないどころか、塩さえ振られていない「ごはんだけ」のおにぎり。それなのに誰もが「おいしい!」と目を輝かせ、そのあとはもう無心で頬張り始める――。

「にぎりびと」神谷よしえさんは、お米のすばらしさを伝える「ライスツーリズム」を提唱。九州を拠点としつつ、国内外でこうした「おにぎりイベント」を開催している。

「現在は佐賀県・嬉野温泉の和多屋別荘で、お客さんの前でにぎっておにぎりを食べていただく『おにぎり 神谷』を常設しているほか、栃木の喜連川温泉にも年に3回ほど伺っておにぎりをにぎっています。

あとは、呼ばれれば国内でも海外でもどこでも行ってにぎります。東京でも毎月のように何かしらのイベントに呼ばれてにぎっていますね」

【写真】「どこにでもある炊飯器、どこにでもあるお米」で作る神谷さんの“おにぎり”。それを受け取る人は誰もが笑顔になる(10枚)
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT