「なでしこは4年前よりも精神的に強い」

佐々木監督、決勝戦に向けて自信

 7月4日、サッカーの女子W杯カナダ大会でW杯連覇を目指す日本代表「なでしこジャパン」の佐々木則夫監督は、5日にバンクーバーで行われるアメリカとの決勝戦に向けて自信をのぞかせた(2015年 ロイター/Michael Chow-USA TODAY Sports)

[バンクーバー 4日 ロイター] - サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会でW杯連覇を目指す日本代表「なでしこジャパン」の佐々木則夫監督は、5日にバンクーバーで行われるアメリカとの決勝戦に向けて自信をのぞかせた。

佐々木監督は、日本では2011年に東日本大震災が発生し、国民が女子W杯に強い関心を持ったとコメント。前回大会ではチームのモチベーションを高めるため、選手たちに被災状況の映像を収めたビデオを見せたとし、それが発奮材料となって優勝につながったと明かした。

しかし現在のチームは成熟し、経験豊富であるため、今大会ではそのようなことはしていないと説明。チームは4年前より精神的に強いとの見方を示した。

日本は2012年ロンドン五輪の決勝でアメリカに1─2で敗戦。今回勝てば、女子W杯での連覇はドイツに次ぎ2チーム目となる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。