【産業天気図・ソフト/サービス】景気回復とともに明るさが戻る

景気回復が追い風となり、ITサービス市場は賑わいを取り戻し始めている。2005年のITサービス市場の規模は前期比3.2%増となる4兆7246億円(IDCジャパン調べ)。前年から好調だった製造業向けに続き、通信キャリアでもIT投資が活発化。さらに、収益回復が著しい大手銀行、株式市場の活況に沸くネット証券など、金融機関向けも戻って来ている。こうした状況を勘案すると、06年もITサービス市場は順調に推移する公算が大きい。
 企業別に見ると、近年、不採算案件に苦しんでいた富士通<6702.東証>が復調。英国でのアウトソーシングなど海外も調子は良い。NEC<6701.東証>も、半導体と携帯電話端末はボロボロながら、ITサービスは堅調だ。また、来期の大幅増益が見込めそうなのが、NTTデータ<9613.東証>。積極的な買収戦略に加え、「今後2年は公共分野のピークが来る」(幹部)という。ドル箱の政府系案件も、社会保険庁、郵便局向けを軸に回復し、会社側が中期計画で掲げる06年度営業利益800億円は現実味を帯びてきた。
【佐々木紀彦記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

人気記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。