【産業天気図・ソフト/サービス】景気回復とともに明るさが戻る

景気回復が追い風となり、ITサービス市場は賑わいを取り戻し始めている。2005年のITサービス市場の規模は前期比3.2%増となる4兆7246億円(IDCジャパン調べ)。前年から好調だった製造業向けに続き、通信キャリアでもIT投資が活発化。さらに、収益回復が著しい大手銀行、株式市場の活況に沸くネット証券など、金融機関向けも戻って来ている。こうした状況を勘案すると、06年もITサービス市場は順調に推移する公算が大きい。
 企業別に見ると、近年、不採算案件に苦しんでいた富士通<6702.東証>が復調。英国でのアウトソーシングなど海外も調子は良い。NEC<6701.東証>も、半導体と携帯電話端末はボロボロながら、ITサービスは堅調だ。また、来期の大幅増益が見込めそうなのが、NTTデータ<9613.東証>。積極的な買収戦略に加え、「今後2年は公共分野のピークが来る」(幹部)という。ドル箱の政府系案件も、社会保険庁、郵便局向けを軸に回復し、会社側が中期計画で掲げる06年度営業利益800億円は現実味を帯びてきた。
【佐々木紀彦記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT