スズキ社長交代、「もう独裁の規模を超えた」

父の修会長とは違う路線を歩む俊宏新社長

いつもの修節は健在だった。ただ「時代は変わった」とも

一方、俊宏新社長は「中小企業のオヤジに依存して来た体制から脱却するには1人の力ではできない」と認めたうえで、こう続けた。

「社員一人一人がお客様の立場で自主的に行動する環境づくりに力を入れて行く。チームスズキで活動できるよう努力していきたい」。

過去に「死ぬまで引退しない」と発言したこともある修会長。しかし、大きすぎる自身の存在感の弊害も感じていた、という発言が次々飛び出した。

大規模リコールも決断を後押しした

「もうスズキの企業規模からすると、ワンマンだとか独裁の規模を超えている。それは私も理解している」

「私は怒って叱咤激励するタイプ。時代は変わった。怒ってはダメ。『褒めて育てる』にいつかは変わらないと、と思っていたので、ちょうど踏ん切りがついていいのかな」

「今までは一方通行。経験が不足している部下とのハンディがあった。新社長で時代は変わり、言いたいことを言える雰囲気になる」

スズキは4月、187万台にも達する大規模リコールを発表したが、それも若返りの決断を後押しした。「品質問題でも、縦割り組織の中で、となりの工程が分断されていた。開発段階から生産、販売、アフターサービスまで、横断的に横串を刺すことに欠けていたゆえに起きた。若い連中が反省しながら欠点を直していくことが前進する前提じゃないか」

次ページ「そばにいて、年をとってきたな、と」
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT