スズキ社長交代、「もう独裁の規模を超えた」

父の修会長とは違う路線を歩む俊宏新社長

「中小企業のオヤジ依存から脱却」と率直に語った俊宏新社長

会見で俊宏新社長は複雑な胸の内も明かした。

「そばにいて年を取ってきたな、と感じていたし、若返りもやっていかないといけない。自分としては準備をしておかないといけないという考えと、そうはいってももう少し先かな、とも思っていたので驚いている」

偉大な“オヤジ”と比較されることは覚悟のうえでもある。

「チャレンジさせていただく機会をいただいたと感謝でいっぱい。30年後に比較されるような経営者になれたら。ただ、(私が)30年間やるのはスズキにとってプラスではないので、短期間でタイミングを見ながら世代交代をやっていきたい」と、修会長とは違う路線を歩む考えを示した。

同日には、5年後の2019年度に、売上高を2014年度比2割強増の3兆7000億円、新車販売を同2割弱増の340万台にする中期計画を発表した。まず、この達成が俊宏新社長のミッションになる。

そのうえで「次の100年への土台作り、将来の成長へ足元を固める」ことができるかどうか。新社長の容易ではない挑戦が始まった。

                       (撮影:今井康一) 

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT