スズキ社長交代、「もう独裁の規模を超えた」

父の修会長とは違う路線を歩む俊宏新社長

「中小企業のオヤジ依存から脱却」と率直に語った俊宏新社長

会見で俊宏新社長は複雑な胸の内も明かした。

「そばにいて年を取ってきたな、と感じていたし、若返りもやっていかないといけない。自分としては準備をしておかないといけないという考えと、そうはいってももう少し先かな、とも思っていたので驚いている」

偉大な“オヤジ”と比較されることは覚悟のうえでもある。

「チャレンジさせていただく機会をいただいたと感謝でいっぱい。30年後に比較されるような経営者になれたら。ただ、(私が)30年間やるのはスズキにとってプラスではないので、短期間でタイミングを見ながら世代交代をやっていきたい」と、修会長とは違う路線を歩む考えを示した。

同日には、5年後の2019年度に、売上高を2014年度比2割強増の3兆7000億円、新車販売を同2割弱増の340万台にする中期計画を発表した。まず、この達成が俊宏新社長のミッションになる。

そのうえで「次の100年への土台作り、将来の成長へ足元を固める」ことができるかどうか。新社長の容易ではない挑戦が始まった。

                       (撮影:今井康一) 

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT