漫画村に「17億円賠償命令」でも変わらぬ深刻実態 海外サイト、SNSで増殖し続ける「タダ読み」

拡大
縮小
漫画村訴訟に関係するコミックス作品の一部
海賊版サイト「漫画村」の元運営者に17億円の賠償命令が下されたものの、"無断投稿”による被害は収まっていない。写真は訴訟に関係した漫画作品(編集部撮影)

「タダ読み文化」を根絶できる日は訪れるのか。

海賊版サイト「漫画村」の元運営者に対し、KADOKAWA、集英社、小学館の出版大手3社が約19.3億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、4月18日、東京地方裁判所は元運営者に約17.3億円の支払いを命じた。原告側によると、国内の著作権侵害をめぐる訴訟の賠償では過去最高額とみられる。

漫画村は2016年2月から2018年4月に閉鎖されるまで、漫画を中心に約8200タイトル、約7万巻相当の出版コンテンツを無断で掲載していた。同サイト上で「タダ読み」された被害額は、約3200億円に及ぶとされている。

今回の訴訟で原告3社が賠償請求の対象としたのは、掲載された巻数の多い「ケロロ軍曹」、「ONE PIECE」、「YAWARA!」など17作品だ。

元運営者は2019年9月に著作権法違反などの容疑で逮捕され、その後有罪判決を受けている。原告代理人の中川達也弁護士は、判決の意義について「運営者が刑事だけでなく、民事でも重大な責任があることが明確になった点にある」と述べた。

“国内発”の海賊版サイトはほぼ消滅

「刑事告発から民事訴訟に至るまで(漫画村の事件が)広く周知されたことで、日本国内発の海賊版サイトはほぼなくなった」。海賊版対策を行う一般社団法人ABJの広報部会長を務める、集英社編集総務部の伊東敦氏はそう手応えを語る。

出版社や弁護団による対策を受け、国内における海賊版サイトでのタダ読みによる被害の推計額は、2021年の1兆0019億円から、2023年は3818億円と、この2年で約6割も減っている。

海賊版サイトでのタダ読みによる被害額推移

しかし、漫画村事件を通じて「無料で漫画を読ませて稼ぐ手法がある」と世間に広く知れ渡ったことも事実だ。

その影響もあってか、最近では海外を拠点とした海賊版サイトの増殖が深刻化。ABJによると、日本人向けの出版物に関する海賊版の上位10サイトは現在、「海賊版天国」とも呼ばれるベトナムを中心とした外国で運営されているとみられる。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT