「Xの代替」の本命と注目される「Bluesky」の"個性" 「ちいかわ」作者・ナガノさんのアカウントも

拡大
縮小
Xの代替本命と言われる「Bluesky」の一般公開が2月6日に始まりました(筆者撮影)

2月6日、Twitterの共同創業者ジャック・ドーシー氏が立ち上げたことで知られるSNS「Bluesky」が招待制を廃止し、誰でも登録できるようになりました。

公開から約2日で新規ユーザーが100万を突破し、Bluesky CEOのジェイ・グラバー氏の投稿によると、日本語の投稿が英語の投稿を大きく上回っており、日本での熱い盛り上がりがわかります。

ネットワーク解析では英語の投稿を日本語が上回っている(筆者撮影)

国内では、マンガ『ちいかわ なんか小さくてかわいいやつ』の作者・ナガノさんのアカウントが、2月9日時点で173万を超えるフォロワーを集めています。

Xで「Blueskyのアカウントを作りました」と報告するユーザーを見かけることも増え、芸能人や企業も続々とアカウントを作成しています。iOSのApp Storeでは無料アプリランキングで1位、Google Playストアでも1位となっています(2月9日時点)。

「Xの代替」の本命として注目されるBlueskyとは、どんなSNSなのでしょうか。

カスタマイズ性が高いBluesky

Blueskyの見た目は、とてもTwitterに似ています。テキストは300文字まで、画像は4つまで投稿できます。動画の投稿や、投稿の編集には対応していません。

他ユーザーの投稿には、「返信」、「リポスト」(TwitterのRT)、「引用」(Twitterの引用RT)、「Likes」(いいね)で反応できます。検索は、検索ボタンから本文、アカウントともに検索できます。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT