「7年の婚活」やっと出口見つけた43歳彼女の結末 無料アプリ→結婚相談所で意外な出会いが

✎ 1〜 ✎ 262 ✎ 263 ✎ 264 ✎ 265
拡大
縮小
7年の婚活を経て結婚した43歳女性。彼女の気づきとはーー(イラスト:堀江篤史)

「年齢を重ねるほど婚活は厳しい戦いになりますよね。好きな映画を観たり音楽フェスに行ったりする時間をすべて費やして、休日は複数のお見合いをやっていた時期もありました。

それでも結果が出なくてしんどかったとき、大宮さんの連載を読んで『こんなに多くの晩婚さんがいるのだから私にも相手がいるはず! 結婚できるはず!』と励ましてもらっていたんです。ときには泣きながら読んでいました。だから、婚活が悩んでおられる方がいらして、私のエピソードが励みになるならと思います」

7年間の婚活を経て、43歳で結婚

大阪駅近くのビストロでこんな嬉しいことを言ってくれるのは、関西地方で任期付きの公務員をしている鈴木聡子さん(仮名、44歳)。つらいことが多かったという婚活は7年間に及んだという。

大手の結婚相談所で出会った秀樹さん(仮名、52歳)と婚姻届を提出したのが43歳の誕生日だった。医療系の企業に勤続30年の秀樹さんが建てた一軒家で快適な2人暮らしをしている。

短大を卒業するまではバスケットボールに打ち込んでいた聡子さん。ハキハキと話し、いかにも健康そうな雰囲気だ。「働くことが好き」だと自覚しているが、就職氷河期だったこともあって勤務先にはなかなか恵まれなかった。

「倉庫会社で正社員をしたときは、男の人たちに交じってフォークリフトを運転して、重い荷物も運んでいました。でも、同僚から『女のくせに』とパワハラされるようになって、上司も守ってくれないので退職しました。勤続10年だったので私にしては長く働けた職場だったのですが……。

当時の私は男の人とはり合ってガーッと言っていましたが、もう少しうまく立ち回れたかもと今では思います。ものは言いようですから。民間でのいろんな経験が生かせる今の仕事は天職だと思っているので、正規職員になるための試験を受けているところです」

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT