ベルリンフィル、後任にペトレンコ氏

ロシア出身の43歳を選出

 6月22日、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団は、次期首席指揮者兼芸術監督にバイエルン州立歌劇場音楽総監督でロシア出身のペトレンコ氏を選出した。写真はベルリン・フィルハーモニーのホール(2015年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[ベルリン 22日 ロイター] - 世界有数のオーケストラであるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団は、次期首席指揮者兼芸術監督にバイエルン州立歌劇場音楽総監督でロシア出身のキリル・ペトレンコ氏(43)を選出した。

ペトレンコ氏は10代の頃に家族とともにオーストリアに移住、ベルリン・コーミッシェ・オーパーの音楽総監督を2002―07年務めた後、2013年にバイエルンの総監督に就任した。

ベルリンフィルの現首席指揮者サイモン・ラトル氏は今年初め、18年での退任を表明し、誰が後任となるかがクラシック音楽界での大きな話題だった。ベルリンフィルは団員が首席指揮者を投票で選ぶが、5月に行われた投票では意見が割れ、結論を先送りしていた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。