ベルリンフィル、後任にペトレンコ氏

ロシア出身の43歳を選出

 6月22日、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団は、次期首席指揮者兼芸術監督にバイエルン州立歌劇場音楽総監督でロシア出身のペトレンコ氏を選出した。写真はベルリン・フィルハーモニーのホール(2015年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[ベルリン 22日 ロイター] - 世界有数のオーケストラであるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団は、次期首席指揮者兼芸術監督にバイエルン州立歌劇場音楽総監督でロシア出身のキリル・ペトレンコ氏(43)を選出した。

ペトレンコ氏は10代の頃に家族とともにオーストリアに移住、ベルリン・コーミッシェ・オーパーの音楽総監督を2002―07年務めた後、2013年にバイエルンの総監督に就任した。

ベルリンフィルの現首席指揮者サイモン・ラトル氏は今年初め、18年での退任を表明し、誰が後任となるかがクラシック音楽界での大きな話題だった。ベルリンフィルは団員が首席指揮者を投票で選ぶが、5月に行われた投票では意見が割れ、結論を先送りしていた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT