ソフトバンク、インドで合弁会社設立へ

再生可能エネルギー事業で新会社

6月22日、ソフトバンクと印バーティ・エンタープライゼズ、台湾の鴻海科技集団は、インドで再生可能エネルギー事業の合弁会社の設立で合意。写真はニューデリーで会見するソフトバンクの孫社長(右)、アローラ副社長(左)とバーティ・エンタープライゼズのミッタル会長(2015年 ロイター/Adnan Abidi)

[東京/ニューデリー 22日 ロイター] - ソフトバンクとインドの複合企業バーティ・エンタープライゼズ、台湾の電子機器受託製造大手・鴻海科技集団(フォックスコン・テクノロジー・グループ)の3社は22日、インドで再生可能エネルギー事業を進める合弁会社の設立で合意したと発表した。

3社は新会社を通じ、まずインドでの太陽光発電事業に200億ドル(1ドル123円換算で約2兆4600億円)を投資する予定。

合弁会社となるSBGクリーンテックは太陽光と風力発電を中核事業とする。3社の出資比率などの詳細は明らかになっていない。

新会社は2015─16年にインドが行う太陽光発電事業の入札に参加する計画。同国は2022年までに太陽光で100ギガワット、風力で60ギガワットの発電目標を掲げており、ソフトバンクの孫正義社長はこのうち太陽光で最低でも20ギガワットの獲得をめざす方針を明らかにした。同氏によると、20ギガワットを実現するには約200億ドルが必要で、プロジェクトファイナンスで調達したい意向だ。

 

(志田義寧、Tommy Wilkes、Nivedita Bhattacharjee)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT