トヨタ女性役員、麻薬取締法違反で逮捕

広報などを担当する初の女性常務役員

 6月18日、警視庁は、トヨタ自動車<7203.T>初の女性常務役員で米国籍のジュリー・ハンプ容疑者(55)を、麻薬取締法違反の疑いで逮捕した。16日撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 18日 ロイター] - 警視庁は18日、トヨタ自動車<7203.T>初の女性常務役員で米国籍のジュリー・ハンプ容疑者(55)を、麻薬取締法違反の疑いで逮捕した。調べに対し、ハンプ容疑者は「麻薬を輸入したとは思っていない」と容疑を否認している。

警視庁によると、ハンプ容疑者は、今月8日に米国から発送され、11日に成田空港に到着した国際郵便で麻薬の成分を含む錠剤を密輸したとして、麻薬取締法違反の疑いがもたれている。

錠剤に含まれているのは「オキシコドン」と呼ばれる成分で、日本では麻薬に指定されているが、医師の処方箋があれば鎮痛剤として使われることもあるという。

トヨタは、役員の逮捕と当局による捜査が継続していること以上の事実は把握していないとし、「お騒がせして誠に申し訳ない。捜査には全面的に協力していく。今後の捜査を通じて、ハンプ氏に法を犯す意図はなかったということが明らかにされると信じている」とのコメントを発表した。

ハンプ容疑者は今年4月1日付で常務役員に就任。トヨタ初の女性常務役員で、グローバルでの広報・渉外部門を統括していた。

 

 

(竹中清、白木真紀)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT