トヨタ女性役員、麻薬取締法違反で逮捕

広報などを担当する初の女性常務役員

 6月18日、警視庁は、トヨタ自動車<7203.T>初の女性常務役員で米国籍のジュリー・ハンプ容疑者(55)を、麻薬取締法違反の疑いで逮捕した。16日撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 18日 ロイター] - 警視庁は18日、トヨタ自動車<7203.T>初の女性常務役員で米国籍のジュリー・ハンプ容疑者(55)を、麻薬取締法違反の疑いで逮捕した。調べに対し、ハンプ容疑者は「麻薬を輸入したとは思っていない」と容疑を否認している。

警視庁によると、ハンプ容疑者は、今月8日に米国から発送され、11日に成田空港に到着した国際郵便で麻薬の成分を含む錠剤を密輸したとして、麻薬取締法違反の疑いがもたれている。

錠剤に含まれているのは「オキシコドン」と呼ばれる成分で、日本では麻薬に指定されているが、医師の処方箋があれば鎮痛剤として使われることもあるという。

トヨタは、役員の逮捕と当局による捜査が継続していること以上の事実は把握していないとし、「お騒がせして誠に申し訳ない。捜査には全面的に協力していく。今後の捜査を通じて、ハンプ氏に法を犯す意図はなかったということが明らかにされると信じている」とのコメントを発表した。

ハンプ容疑者は今年4月1日付で常務役員に就任。トヨタ初の女性常務役員で、グローバルでの広報・渉外部門を統括していた。

 

 

(竹中清、白木真紀)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT