スバルが中国進出で苦心、「最後発」ゆえの悩み


 世界の主要メーカーで、富士重は中国進出では最後発。外資進出を歓迎していた中国当局だったが、自国メーカーの育成をにらみ、姿勢には変化が見られる。現在では環境技術の提供や、現地専用ブランドの立ち上げなどを重視するようになった。「中国側とのギャップはむしろ広がっており、課題は多々ある。」(森会長)。

基盤拡大のもう一方の柱がトヨタ自動車との提携。ただ小型スポーツ車の共同開発、13年のハイブリッド車投入を唱えるが、従来から踏み込んだものではなかった。

「今は待つしかないが、中国進出は必ず実現する」(吉永社長)。6月に移行したばかりの森・吉永新体制にとって、大きな宿題を残した。

富士重工業の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(並木厚憲 =週刊東洋経済2011年7月16日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT