スバルが中国進出で苦心、「最後発」ゆえの悩み

拡大
縮小


 世界の主要メーカーで、富士重は中国進出では最後発。外資進出を歓迎していた中国当局だったが、自国メーカーの育成をにらみ、姿勢には変化が見られる。現在では環境技術の提供や、現地専用ブランドの立ち上げなどを重視するようになった。「中国側とのギャップはむしろ広がっており、課題は多々ある。」(森会長)。

基盤拡大のもう一方の柱がトヨタ自動車との提携。ただ小型スポーツ車の共同開発、13年のハイブリッド車投入を唱えるが、従来から踏み込んだものではなかった。

「今は待つしかないが、中国進出は必ず実現する」(吉永社長)。6月に移行したばかりの森・吉永新体制にとって、大きな宿題を残した。

富士重工業の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(並木厚憲 =週刊東洋経済2011年7月16日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT