夫のきょうだいが敵に?相続で妻が迎えた結末 子のいない夫婦は遺言を残しておくべき理由

拡大
縮小
相続争いは自分には関係ない、と思っている人は多いかもしれませんが……(写真:viola/PIXTA)

近年、遺言作成に関するご相談、ご依頼が急増しています。それだけ遺言に対する興味関心、つまりは終活への意識が高まっている表れなのでしょう。相続トラブルについて、メディアや身の回りの体験談などを通じて見聞きすることが増えてきたことも一因だと考えています。

私はよく「遺言は親のマナーですよ」とお伝えしています。残された配偶者や子どもたちが、相続で争うことがないように、ご自身の財産には必ず宛名を付けておいていただきたいです。

“きょうだいは他人の始まり”とはよく言ったもので、幼い頃はおやつを奪い合った最強・最大のライバルが数十年の時を経て、今度は親の財産をめぐり骨肉の争いを始めるのです。親という太陽がいなくなった途端、きょうだいたちが他人と化してしまう現実を私は嫌というほど見てきました。

遺言はどんな人が作るべき?

結論から申し上げると、一人っ子のご家庭“以外”はすべて作るべきです。

では、なぜ一人っ子のご家庭は遺言を作る必要性がそれほど高くないかと言うと、両親が順番に亡くなっていくわけですが、遺言がなくとも結果的にその一人の子どもがすべての財産を相続することになりますし、もめることがない(もめる相手がいない)からです。

一方で、こんな人は特に作るべし!というのが「おひとり様(法定相続人が誰もいない人)」や「子どもが2人以上いる人」さらには「相続人の中に認知症や知的障害の方がいる人」などが挙げられますが、今回事例を交えてご紹介したいのが「子どもがいないご夫婦」です。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT