「時代の寵児」オーサムストアはどこで失敗したか 雑貨界で果敢な挑戦も、コロナ禍に売上が低下した

✎ 1〜 ✎ 87 ✎ 88 ✎ 89 ✎ 最新
拡大
縮小
オーサムストア
オーサムストアの全店舗の閉店が決定。ある意味、2回目の敗北宣言となった(画像:(株)リテールトランスフォーメーションHPより)
この記事の画像を見る(2枚)

時代の寵児は、時代に翻弄され潰えたというわけか。

AWESOME STORE(以下、オーサムストア)を展開していた株式会社リテールトランスフォーメーションは、今月16日に東京地裁へ民事再生法適用を申請していた。そして、オーサムストアは来月2月までに全店舗の閉店が決まった。2回目の敗北であった。

オーサムストア展開会社が民事再生法適用を申請

というのは、もともと2023年5月に、同オーサムストアを展開していたオーサム株式会社が自己破産を申請していたからだ。

今回、民事再生法を申請していた株式会社リテールトランスフォーメーションは、そのオーサム株式会社から事業を引き継ぐ形で展開していた。さらに、もともと事業を引き継ぐ際には、債務を引き受けない形となっていたにもかかわらず、である。事業の継承をしてすぐに、かなり厳しい事業運営で辛酸を嘗めたかっこうだ。

絶頂はコロナ禍前の2019年で、約55億円の売上高があった。それが2020年のコロナ禍以降は約46億円と低迷していた。そこで元の運営会社での再建はできず、さらに、次の事業者によっても昇華はできなかった。

次ページ郊外中心に店舗を拡大
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT