解明できればノーベル賞?宇宙で一番「熱い話」 東大教授たちも注目するダークエネルギーとは

拡大
縮小
もし解明できたら、ノーベル賞10個分の価値!?そんな「宇宙のヤバい話」とは(写真:World Image/PIXTA)
最先端の理系分野で活躍する10人の東大教授が、ビジネスやIT、国家、AIなど多岐にわたるトークテーマを繰り広げる『東大教授が語り合う10の未来予測』。その中から本記事では、戸谷友則教授(天文学)による宇宙の謎について紹介していく。もし解明できたら「ノーベル賞10個分の価値」とまで言われる、最先端の「宇宙の熱い話」とは。

宇宙の膨張を加速させる「ダークエネルギー」

戸谷友則(以下、戸谷):最近の精密観測によると、宇宙の膨張はこれまでは減速していたけれども、今は加速に転じつつあります。

つまり、宇宙は相対性理論で考えると膨張しているけれど、内側に物質が詰まっているから、それらが発する重力によって、膨張する力は落ちて減速するはずなんです。でも、最近の精密観測によると、宇宙の膨張はこれまでは減速していたけれども、今は加速に転じつつある。

瀧口友里奈(以下、瀧口):宇宙の膨張が加速している。

戸谷:はい。減速が終わって今から加速に転じようとしているところなんです。では、加速に転じさせるものは何かというと、今の我々が知っている物理法則にはないんですよ。しかし、アインシュタインの宇宙の方程式にある定数を入れると、うまく説明できるんです。ただ、その定数がどういう意味を持っているのかがわからない。ですから、宇宙の膨張を加速させる未知のエネルギーということで「ダークエネルギー」と呼んでいます。

瀧口:そもそも、宇宙が膨張しているというのはどういう現象なんですか。

戸谷:太陽のような星が1000億個くらい集まったのが、我々の住んでいる銀河系です。さらにその外を見ると、銀河系と同じような銀河が宇宙には散らばっているわけです。で、散らばっている銀河を俯瞰してみると、どうやら宇宙というのは全体が広がってサイズが大きくなっているらしい、ということです。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT